環境問題は、CO2排出による地球温暖化や生物多様性の減少など地球規模のものから住宅環境など身の回りの快適環境維持に関するものまで多岐に渡っています。近年では、有害物質使用施設等の移転に伴う土壌汚染の顕在化、アスベスト含有建材問題、印刷工場における胆管がん発生、食品の偽装表示や残留農薬など食の安全に関わる問題など新たな問題も発生しており、これら諸問題の解決が不可欠です。
 そのなかで株式会社鹿児島環境測定分析センターは、大気・水・土壌環境の保全、排ガス・排水・騒音・振動・悪臭などに起因する公害、労働者の健康確保、飲料水や空気環境など生活環境の確保等、分析技術や科学的知見によるアプローチが必要な諸問題の解決を主なテーマとして取り組んでいます。
 また、現在我が国では人口減少や高齢化、経済のグローバル化の進展によって、特に地方において過疎化や地域経済の縮小等が懸念されています。こうした経済・社会的課題は、例えば、里地里山の荒廃と鳥獣被害の増加、市街地の拡散による自動車走行量の増大がもたらすCO2排出量の増加と中心市街地の衰退等のように環境問題とも密接に関係しており、環境・経済・社会的側面を統合的に向上することが必要です。我々は環境問題への取組を通じ、経済・社会的課題の解決と持続可能な社会の構築に貢献することを目指しています。

登録及び認証

国際品質保証規格 ISO9001認証取得
計量証明事業所 県知事登録 第54号[濃度]
計量証明事業所 県知事登録 第77号[音圧レベル]
計量証明事業所 県知事登録 第78号[振動加速度レベル]
作業環境測定機関 第46-2号
水道法第20条登録検査機関 第151号
建築物飲料水水質検査事業 鹿児島県24水第1号
温泉分析機関 鹿児島県第3号
土壌汚染指定調査機関 環2003-1-874
第2種臭気測定認定事業所 第281(01)号
鹿児島市環境管理事業所 第158-1号
©2004 Kagoshima-kankyo corporation Co.,ltd.